Pixela : 活動記録をヒートマップで表示するサービス

これは何か?

  • https://pixe.la
  • 何らかの活動の様子を記録して、カレンダーヒートマップ形式で表示させる Web API サービス
    • GitHub を使っているひとには、「草を生やす API サービス」だと言った方が通じるかも

使い方

ユーザーの作成

  • Passwords Generator などを利用して、秘密のパスワード secretpass を作っておく
  • 次のコマンドを実行すると、yamnor という名前で Pixela のアカウントができる
curl -X POST https://pixe.la/v1/users \
-d '{
"token":"secretpass",
"username":"yamnor",
"agreeTermsOfService":"yes",
"notMinor":"yes"}'

グラフの作成

  • 次のコマンドを実行すると、my-graph という ID のグラフができる
curl -X POST https://pixe.la/v1/users/yamnor/graphs \
-H 'X-USER-TOKEN:secretpass' \
-d '{
"id":"my-graph",
"name":"My graph",
"unit":"pages",
"type":"int",
"color":"shibafu",
"timezone":"Asia/Tokyo"}'

グラフの表示

  • 先ほどの URL の末尾に .html を追加してブラウザでアクセスすると、詳細な情報を確認できる

カウントを増やす

  • 今日のカウントを1つ増やす
curl -X PUT https://pixe.la/v1/users/yamnor/graphs/my-graph/increment \
-H 'X-USER-TOKEN:secretpass' -H 'Content-Length:0'

JavaScript でカウントを増やす

  • Fetch API を使う
fetch("https://pixe.la/v1/users/yamnor/graphs/my-graph/increment", {
  method: "PUT",
  headers: {
    "X-USER-TOKEN": "secretpass",
    "Content-Length": 0,
  },
});

応用例

Posted :